定例会議の開催概要

公安委員会定例会議の開催概要
第1日時
平成30年3月14日午後1時00分~午後6時00分までの間
第2全体会議
1審議事項
なし
2報告事項
(1)大阪府警察サイバーセキュリティ戦略プランに係る平成29年度の取組結果及び平成30年度の取組内容の策定について
当府警察におけるサイバーセキュリティ戦略の具体的な推進事項を示した「大阪府警察サイバーセキュリティ戦略プラン」に係る平成29年度の取組結果について報告があった。また、平成30年度の取組内容を策定し、各種施策を計画的に推進する旨の報告があった。
【委員発言】
○G20サミットの開催も決定し、サイバー空間の脅威が懸念される中、これまで以上に関係機関相互の情報共有や連携強化に尽力いただくとともに、引き続き、対処能力の強化を図っていただきたい。
(2)平成30年度監察実施計画について
平成30年度の総合監察及び随時監察の実施時期、対象所属及び監察項目について報告があった。
(3)強盗殺人事件の検挙について
捜査第一課が、3月1日に認知した標記の事件につき、豊能警察署に捜査本部を設置し、3月5日に被疑者を逮捕した旨の報告があった。
(4)「平成30年春の全国交通安全運動」の取組について
4月6日から同月15日までの間、運動の重点を「子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止」、「自転車の安全利用の推進」、「全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底」及び「飲酒運転の根絶」、大阪重点を「二輪車の交通事故防止」として「春の全国交通安全運動」を実施する旨の報告があった。
【委員発言】
○交通事故の発生実態に即した交通指導取締りのほか、自治体や関係機関・団体と連携した効果的な広報啓発活動に尽力いただきたい。
(5)運転免許を自主返納等した高齢者に対する自治体と連携した支援制度の実施について
高齢運転者交通事故防止対策に関する提言を受けて、運転免許の自主返納の更なる促進に向け「運転免許がなくても高齢者が安心して暮らせる環境の整備」を推進するため、運転免許を自主返納等した高齢者が、速やかに地域包括支援センター等からの生活支援を受けられるように自治体と連携した支援制度を府下全域で実施する旨の報告があった。
【委員発言】
○高齢運転者の方に自主返納のメリットを十分に感じていただけるよう、自治体や関係機関等との連携に配意し、自主返納の促進に向けた更なる取組をお願いしたい。
(6)公務執行妨害及び共同危険行為等禁止違反等事件捜査の終結について
交通捜査課、東警察署、南警察署、天王寺警察署、東成警察署及び住之江警察署の合同捜査本部が、バイクで暴走行為を敢行した上、警戒中のパトカーを木刀で損壊する等した少年16人を、公務執行妨害、器物損壊及び道路交通法違反(共同危険行為等禁止等)で通常逮捕し、3月8日までに大阪地方検察庁に送致して事件を終結した旨の報告があった。
(7)有名ラーメンチェーン店「株式会社一蘭」による不法就労助長等事件について
南警察署が、東、西成、東成、浪速、住吉、天王寺及び西の各警察署並びに外事課との共同捜査により、標記事件について、3月6日までに被疑法人1社及び関係被疑者19人を大阪地方検察庁に送致した旨の報告があった。
第3個別会議
1決裁事項
(1)運転免許取消対象事案について
運転免許取消対象事案について、審議の結果、107件の行政処分を決定した。
(2)人事案件について
地方警務官の人事案件について報告があり、その内容に同意した。
(3)「大阪府道路交通規則」及び「大阪府公安委員会事務専決規程」の一部改正について介護保険法の一部改正に伴い、大阪府道路交通規則を一部改正したい旨の上申があり、可として決裁した。また、警察業務の合理化に伴い、専決者の変更等をするため、大阪府公安委員会事務専決規程を一部改正したい旨の上申があり、可として決裁した。
(4)臨時適性検査(公安委員会指定医による検査)不受験等に係る行政処分(停止処分)の処分期間について
改正道路交通法施行に伴う行政処分(停止処分)の処分期間について、審議の結果、臨時適性検査(公安委員会指定医による検査)不受検(150日)、診断書提出命令違反(150日)を決定した。
(5)犯罪被害者等給付金の支給裁定について
殺人未遂事件に係る重傷病給付金の支給裁定申請1件について、審議の結果、犯罪被害者と加害者の間に犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律施行規則(以下「規則」という。)第7条前段に規定する関係が認められるが、規則第10条第1項に規定する事情があると認め、算定した額を支給することとした。
(6)不服申立てに対する裁決について
ア運転免許取消処分に対する審査請求事案
運転免許取消処分の取消しを求めた審査請求事案2件について、審議の結果、当該各処分は道路交通法施行令の基準に従い適正に行ったものであることから、いずれも棄却とした。
イ一般運転者に係る運転免許証交付処分に対する審査請求事案
一般運転者に係る運転免許証交付処分の取消しを求めた審査請求事案1件について、審議の結果、当該処分は道路交通法の基準に従い適正に行ったものであることから棄却とした。
(7)「大阪府警察組織規則(大阪府公安委員会規則)」の一部改正について
平成30年度の組織・定員改正に伴い、「大阪府警察組織規則」等の一部を改正したい旨の上申があり、可として決裁した。
(8)地域交通安全活動推進委員の退任に伴う感謝状の贈呈について
地域交通安全活動推進委員1人の退任に伴い、感謝状の贈呈の上申があり、当公安委員会における表彰の基準に適合することから、可として決裁した。
(9)随意契約による免許関係事務等の委託について
免許関係事務として仮運転免許試験補助業務及び認知機能検査を、講習事務として指定自動車教習所職員講習、高齢者講習・臨時高齢者講習、特定任意高齢者講習、チャレンジ講習、違反者講習(実車)及び取得時講習(原付を除く。)を府下の自動車教習所等に委託する旨の上申があり、審議の結果、可として決裁した。
(10)警察職員の援助要求について
警察法第60条第1項の規定に基づく警察職員等の援助要求2件について、可として決裁した。
(11)苦情及び意見要望の受理等について
ア苦情2件について調査結果の報告があり、審議の結果、回答文を決定した。
イ意見要望35件について受理報告があり、審議の結果、それぞれ処理方針を決定した。
2報告事項
(1)平成29年度下半期における大阪府監査委員による監査結果について
大阪府監査委員による監査の結果、「行政財産使用料徴収の不備」等について是正を求められる旨の報告があった。
(2)平成30年度大阪府留置施設視察委員会委員の選考について
大阪府留置施設視察委員会委員の任期満了に伴い、委員の選任について審議した。
(3)民事訴訟事件の終結について
大阪高等裁判所に控訴されていた民事訴訟事件の判決について報告があった。
(4)集団示威運動等に係る専決事務処理状況について
2月26日から3月4日までの間に受理した集団示威運動等の許可申請に係る専決事務の処理状況について報告があった。
(5)警察職員の援助要求について
警察法第60条第1項の規定に基づく警察職員等の援助要求1件に係る専決事務の処理状況について報告があった。
以上