定例会議の開催概要

公安委員会定例会議の開催概要
第1日時
平成29年12月6日午後1時00分~午後5時30分までの間
第2全体会議
1審議事項
(1)平成30年大阪府警察重点目標の設定について(案)
11月29日及び12月6日開催の公安委員会定例会議で事前説明のあった「平成30年大阪府警察重点目標」について、運営の基本指針を「府民が安心して暮らせる『安全なまち大阪』を確立するための警察活動の推進」とし、重点目標を「地域の犯罪情勢に即した犯罪抑止総合対策の推進」、「府民生活を脅かす犯罪と新たな脅威への対処能力の強化」、「子どもや女性の安全を守る力の強化」、「特殊詐欺の撲滅に向けた総合対策の推進」、「組織犯罪対策の推進」、「少年の健全育成を図る諸対策の推進」、「地域住民の期待と信頼に応える地域警察活動の推進」、「交通死亡事故抑止対策の推進」、「多様化する脅威から府民を守る警備諸対策の推進」及び「時代の変化への的確な対応」の10項目として設定したい旨の説明があり、審議の結果、その内容を了承した。
【委員発言】
○いわゆる「JKビジネス」等の児童の性を売り物とする形態の違法営業事犯等は児童の健全育成を阻害するものであり、引き続き、積極的な検挙活動と関係機関等と連携した啓発活動に努めていただきたい。併せて、被害防止の観点からも、インターネットを利用した犯罪等への対処も強化していただきたい。
○少年の健全育成を図る諸対策については、年代の近い大学生等若い世代によるボランティア等との連携を進めていただくとともに、安まちメールやツイッター等の広報媒体も積極的に活用し、効果の上がる活動を推進していただきたい。
2報告事項
(1)平成30年大阪府警察月間執行重点の設定について
組織総合力を発揮して取り組むべき各月の業務重点について、「平成30年大阪府警察月間執行重点」として設定する旨の報告があった。
(2)健康増進対策「平成30年ヘルスアップおおさか」の推進について
平成30年1月1日から平成30年12月31日までの間、職員一人ひとりの健康づくりを支援することにより、組織執行力の維持向上を図るため、「基本的な健康管理対策」、「生活習慣病対策」、「心の健康保持増進対策」及び「職務に起因する健康障害防止対策」を骨子とする健康増進対策を推進する旨の報告があった。
【委員発言】
○メンタルヘルス対策を含めた、組織的かつきめ細やかな健康管理対策を推進していただき、働き方改革も視野に入れながら、良好な職場環境づくりを目指していただきたい。
(3)「防犯対策高度化協働研究会」の設置について
社会情勢やライフスタイルの変化に伴い各種犯罪の犯行手段や手口も急速に変貌している現実を踏まえ、大学教授等研究者の専門的知見を活用し、科学的な根拠に基づくより効果的な防犯対策を講じていくことを目的として、「防犯対策高度化協働研究会」を設置する旨の報告があった。
【委員発言】
○より効果的な防犯対策によって、府民の防犯意識の更なる醸成に努めていただきたい。
(4)平成30年「110番の日」における広報活動の実施について
平成30年1月10日、110番通報の適切な利用を促進するため、キャンペーン等の広報活動を実施する旨の報告があった。
(5)指名手配被疑者捜査強化月間の実施結果について
11月に実施した「指名手配被疑者捜査強化月間」の結果、重点被疑者14人を含む122人を検挙した旨の報告があった。
(6)帰化人による恐喝事件(国民の国外犯)の検挙について
国際捜査課が、城東警察署と合同で、標記の事件につき、11月26日に被疑者を逮捕した旨の報告があった。
第3個別会議
1決裁事項
(1)運転免許取消対象事案について
運転免許取消対象事案について、審議の結果、85件の行政処分を決定した。
(2)風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律違反に係る代行聴聞結果及び行政処分の決定について
風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(以下「風営法」という。)に基づく行政処分1件(営業時間制限違反)について、審議の結果、風俗営業及び飲食店営業の停止(停止期間40日)を決定した。
(3)不服申立てに対する裁決等について
ア運転免許効力停止処分に対する審査請求事案
運転免許効力停止処分の取消しを求めた審査請求事案1件について、審議の結果、当該処分は道路交通法施行令の基準に従い適正に行ったものであることから棄却とした。
イ放置違反金納付命令処分に対する審査請求事案
放置違反金納付命令処分の取消しを求めた審査請求事案1件について、審議の結果、当該処分は道路交通法に基づき適正に行ったものであることから棄却とした。
(4)優良運転免許証交付等請求事件の応訴について
優良運転免許証交付等請求事件について、11月16日に大阪地方裁判所に提訴がなされた旨の報告があり、審議の結果、応訴することとして決裁した。
(5)運転免許申請却下処分取消請求事件の応訴について
運転免許申請却下処分取消請求事件について、11月8日、大阪地方裁判所に提訴がなされた旨の報告があり、審議の結果、応訴することとして決裁した。
(6)風営法に基づく6月以上の営業休止に係る行政処分の決定について
風営法に規定する「6月以上の営業休止」に係る行政処分4件について、それぞれ風俗営業許可の取消しを決定した。
(7)警察職員の援助要求について
警察法第60条第1項の規定に基づく警察職員等の援助要求1件について、可として決裁した。
(8)苦情及び意見要望の受理について
ア苦情1件について受理報告があり、審議の結果、事実調査を指示した。
イ意見要望41件について受理報告があり、審議の結果、それぞれ処理方針を決定した。
2報告事項
(1)監察案件について
監察案件について報告があった。
(2)10月中の警察宛て苦情集約結果について
10月中の警察宛ての苦情申出状況について報告があった。
(3)交通部主管に係る10月中の専決事務処理状況について
10月中における交通部主管に係る専決事務の処理状況について報告があった。
(4)集団示威運動等に係る専決事務処理状況について
11月20日から11月26日までの間に受理した集団示威運動等の許可申請に係る専決事務の処理状況について報告があった。
(5)民事訴訟関係書類の受理について
大阪高等裁判所から民事訴訟関係書類が送達された旨の報告があった。
以上