定例会議の開催概要

公安委員会定例会議の開催概要
第1日時
平成29年2月22日午後1時00分~午後5時45分までの間
第2全体会議
1審議事項
なし
2報告事項
(1)「大阪府警察勇退職員を送るつどい」の実施について
3月31日に警察本部において、「大阪府警察勇退職員を送るつどい」を実施する旨の報告があった。
(2)平成28年度第3四半期における監察実施結果について
平成28年度第3四半期(10月~12月)において、総合監察、随時監察及び抜き打ち的随時監察をそれぞれ実施した結果、拳銃等の保管管理に関して取扱補助者が未指定等であったほか、当直勤務時、警察手帳等を携行していなかったことから指導した旨の報告があった。
(3)「大阪府公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」の一部改正に向けたパブリックコメントの実施について
反復したつきまとい等事案に係る規制を強化するため、「大阪府公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」の一部を改正することから、今後、改正条例案の概要を大阪府警察ホームページへの掲載等により公表し、パブリックコメントを実施する旨の報告があった。
(4)児童虐待事案の情報共有に係る相互協定の締結について
児童相談所との連携を一層強化し、児童の安全確保に万全を期するため、大阪府、大阪市及び堺市のそれぞれと標記の協定を締結する旨の報告があった。
【委員発言】
○児童虐待の早期発見と被害の未然防止を図るため、児童相談所等関係機関との情報共有は非常に重要である。素早く情報共有が行われるようにしていただき、児童の安全が一層確保されるよう、配意願いたい。
(5)職務質問技能の伝承について
地域警察官の「誇りと使命感」を醸成し、職務質問技能の伝承を効果的に推進するための方策について報告があった。
【委員発言】
○職務質問技能の向上は、地域警察官のみならず、大阪府警察全体の執行力の強化に繋がる。法令に基づき、現場警察官が自信を持った職務執行ができるよう、特に若手警察官の育成に力を注いでもらいたい。
(6)平成28年中の地域の犯罪情勢に即した犯罪抑止総合対策の推進結果について
平成28年中の「地域の犯罪情勢に即した犯罪抑止総合対策」の主な取組結果として、「検挙対策及び防犯対策」、「自治体、地域住民等と連携・協働した取組」について報告があった。
第3個別会議
1決裁事項
(1)運転免許取消対象事案について
運転免許取消対象事案について、審議の結果、76件の行政処分を決定した。
(2)風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律違反に係る代行聴聞結果及び行政処分の決定について
風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(以下「風営法」という。)に基づく行政処分1件(客引き禁止違反)について、審議の結果、風俗営業及び飲食店営業の停止(停止期間3月)を決定した。
(3)風営法違反に係る聴聞結果及び行政処分の決定について
ア風営法に基づく行政処分1件(条例の遵守事項違反(卑わい行為))について本聴聞を行い、審議の結果、風俗営業の取消し及び飲食店営業の停止(停止期間6月)を決定した。
イ風営法に基づく行政処分1件(出入国管理及び難民認定法違反(不法就労助長罪))について本聴聞を行い、審議の結果、風俗営業の取消し及び飲食店営業の停止(停止期間6月)を決定した。
(4)不服申立てに対する裁決等について
ア運転免許効力停止処分に対する審査請求事案
運転免許効力停止処分の取消しを求めた審査請求事案1件について、審議の結果、当該処分は道路交通法施行令の基準に従い適正に行ったものであることから棄却とした。
イ放置違反金納付命令処分に対する審査請求事案
放置違反金納付命令処分の取消しを求めた審査請求事案2件について、審議の結果、当該各処分は道路交通法に基づき適正に行ったものであることから、いずれも棄却とした。
(5)犯罪被害者等給付金の裁定について
ア傷害事件に係る障害給付金の支給裁定申請1件について、審議の結果、被害者と加害者の間に犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律施行規則第7条前段に規定する関係が認められることから、算定した額の3分の1を減額し支給することとした。
イ準強姦事件に係る重傷病給付金の支給裁定申請1件について、審議の結果、被害者に帰責性等減額事由が認められないことから、算定した額の全額を支給することとした。
ウ傷害致死事件に係る遺族給付金の支給裁定申請1件について、審議の結果、被害者と加害者の間に犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律施行規則第7条前段に規定する関係が認められることから、算定した額の3分の1を減額し支給することとした。
(6)運転免許証更新連絡書発送等業務の委託及び公示について
運転免許証更新連絡書発送業務及び運転適性検査採点(集計)業務を一般財団法人大阪府交通安全協会に委託する旨の上申があり、審議の結果、可として決裁した。
(7)「大阪府公安委員会特定秘密の保護に関する規程」の一部改正について
「大阪府公安委員会特定秘密の保護に関する規程」の一部改正について上申があり、可として決裁した。
(8)苦情及び意見要望の受理等について
ア苦情2件について受理報告があり、審議の結果、事実調査を指示した。
イ苦情2件について調査結果の報告があり、審議の結果、回答文を決定した。
ウ意見要望6件について受理報告があり、審議の結果、それぞれ処理方針を決定した。
2報告事項
(1)平成28年中における監察110番等受理状況等について
平成28年中における監察110番等の受理状況等について報告があった。
(2)平成28年度大阪府監査委員等による書面監査結果について
大阪府監査委員等による監査の結果、「資産と費用の区分誤り」及び「公有財産台帳の登載誤り」について是正が求められた旨の報告があった。
(3)集団示威運動等に係る専決事務処理状況について
2月6日から2月12日までの間に受理した集団示威運動等の許可申請に係る専決事務の処理状況について報告があった。
以上